© 株式会社レジデンストーキョー All Rights Reserved.

RESIDENCE-TOKYO-ロゴ透過バージョン1-1024x215.png

敷金、礼金、仲介手数料ゼロ

サブスクリプション住宅で新たな住体験を

~ホテルライクな生活をサブスクリプションモデルで提供し、住まいの未来を変えていく~ 

 

グローバルスタンダードな賃貸住宅事業を展開「レジデンストーキョー」

世界の快適なサービスアパートメント文化を日本に普及させることをミッションに、2015年に創業したのがレジデンストーキョーです。従来型のマンスリーマンションの機能に、マルチリンガル対応やバーチャルコンシェルジュなどの、充実したホスピタリティを付加したサービスを提供してきました。主に海外からの中長期滞在者向けに家具付き賃貸住宅を都内約600室で展開、全国約5,000室のネットワークを構築しています。
こうした実績が評価され、2016年には外国人が選ぶ不動産企業No.1に選出されました。

サブスクリプション住宅により、ユーザーは家具の購入・配送コストから解放されます。また、レジデンストーキョーがこれまで行ってきた敷金・礼金・仲介手数料の無料化や保証人制度の廃止などと組み合わせることで初期費用の削減が可能になります。必要期間に応じた料金だけで住宅を機動的に利用できるサブスクリプションモデルが実現します。

通常、個人宅の転居に際する賃貸契約時には多額の初期コストと煩雑な事務手続きが必要であり、法人においても海外からの中長期滞在スタッフ向けの住居確保や、社宅扱い時の事務手続きが大きな負担となっていました。


さらに近年では、昨年6月の民泊新法の施行に伴う家具付き賃貸物件の不足や、入管法の改正による外国人就労者の増加、ワーク・ライフスタイルの多様化により、個々人に合った住み方・暮らし方を望む人の増加が見込まれます。


それに対し、レジデンストーキョーが事業展開する賃貸住宅物件では、以下のように入居時の負担軽減を実現してきました。


・敷金・礼金、仲介手数料、保証料、配送料などの初期コスト不要
・電気・ガス・水道・ネット環境などの契約手続き不要
・引越し業者の手配不要

お客様の多様化するワーク・ライフスタイルのニーズに応えながら、自由な住み替えサービスを提供してまいります。

『当社では、海外では広く利用されている家具付き賃貸住宅物件を、日本に普及させるために事業を展開してきました。今後は、物件数の拡大、提供サービスの拡充などにより、レジデンストーキョーが主体となるサブスクリプション型住宅としてのプラットフォームを構築し、サービス展開を加速させていきます。インドのホテルベンチャーであるOYOの賃貸市場への参入により家具付き賃貸住宅市場は今後ますますの拡大が望まれます。クラスとの提携に引き続き他のサブスクリプションサービス事業者との提携も行い、入居者の趣味嗜好に合わせたサービスを提供していきます。サブスクリプションサービスの体験と、スタイリッシュな住み替えの自由を提案することで、住まいのフリーアドレス化を推進し、個人の多様な自己実現を支援してまいります。』

レジデンストーキョー 

代表取締役CEO 野坂幸司

家具家電付き

快適な生活を送るには、家具や家電などの生活必需品が必要不可欠です。

 

サブスクリプション住宅では、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・ベットなどの生活に必要なものが最初から揃っている物件になります。

敷金・礼金無料

手間もかからないので、気軽に新生活をスタートできます。急な転勤や、長期の出張に大変便利です。学生さんや・新社会人などで、初めて一人暮らしをするのに費用を抑えたい方にもオススメです。

インターネット無料

入居者様が「無料」でご利用いただける高速インターネット(無線)環境を標準装備しています。

 

年々利用者が増加しているスマートフォンやタブレット端末などが室内どこでも快適にご利用いただけます。

サブスクリプション住宅事業の今後

現在、レジデンストーキョーが展開する賃貸住宅物件では東急スポーツオアシスとの提携により、都内のスポーツジムの利用が月8回まで利用可能となっています。
 

スポーツ&ウェルネス環境の整備、今回の提携による家具のサブスクリプションサービス、さらに今後は生活インフラのセットアップ支援を含めたさまざまなベネフィットなど、入居者様のライフスタイルに寄り添ったサブスクリプションサービスを、サブスクリプション住宅の付加価値として拡充してまいります。

その他、サブスクリプション住宅期待できること

Show More

従来の賃貸マンションとの違い

サブスクリプション住宅については理解できたけど「料金が高いのでは・・・?」とお考えのも多いのではないでしょうか?​そこで、サブスクリプション住宅一般賃貸の料金比較をしてみました。参考としてご覧いただければと思います。

サブスクリプション住宅の想定詳細】
エリア 東京23区内での一般的な1Kタイプのマンションを使用したサブスクリプション住宅を想定
賃料 5,000円/日(長期割引あり)
光熱費 600円/日(固定費)
清掃費 20,000円/1回(退去後の清掃)

 

各料金項目の特徴

賃料:長期になればなるほど割引になる物件が多いです
管理費:不要な物件が多い
敷金・礼金:不要
仲介手数料:不要
家具家電購入費:家具付物件のため不要
光熱費:実費精算ではなく1日当たりの固定額で設定されている物件が多い
清掃費:長期になるほど増額となる物件が多い

【一般賃貸物件の想定詳細】
エリア 東京23区内で一般的な1Kタイプのマンションを想定
賃料 85,000円/月
管理費 5,000円/月
敷金・礼金 各賃料の1ヶ月
仲介手数料 賃料の1ヶ月
家具家電購入費 200,000円
光熱費 10,000円/月(実費精算)


各料金項目の特徴

賃料:短期でも長期でも一定金額
管理費:数千円程度で発生する物件が多いです
敷金・礼金:最近は敷金礼金1ヶ月の物件も多数
仲介手数料:賃料の1ヶ月分
家具家電購入費:自費で購入が必要
光熱費:実費清算
清掃費:敷金から原状回復費として清算

 

TOKYO MONTHLY NAVIに飛びます。

法人様でこのようなお悩みありませんか?

・社宅にかかるコストが高額で継続を悩んでいる

・内覧や契約手続きが面倒

・急な転勤者の部屋の手配が間に合わない

・外国籍の社員の部屋が見つからない

是非一度ご相談ください。

掲載メディア一覧

 

企業情報

本社  :東京都渋谷区代々木1-55-14セントヒルズ代々木1階

代表者:代表取締役CEO 野坂 幸司

資本金:255,000,000円

URL:https://residencetokyo.jp/

TEL : 03-6300-4950
FAX : 03-6701-7443

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
 

“買わない生活”をコンセプトにした家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS(クラス)」

CLASは、月々400円から家具・インテリア・家電の利用・交換が行なえるサブスクリプションサービスです。「初期コストが抑えられる(送料・保証金も基本0円)」「交換が容易」「上質な素材とデザイン」「長く使うほどお得(3年目には75%OFF)」が特徴で、理想の空間を常にアップデートしていくことができます。また通常使用の範囲であれば、汚れたり傷ついてしまったアイテムを無料で交換可能です。好みやライフスタイルに合わせた、もっと気軽で心地よい暮らしを提案しています。